本文へスキップ

バイオマスボイラー・ペレットボイラーのご相談はバイオマスボイラー普及促進会へ

【電話でのお問い合わせは】平日のみ受け付け    

地球温暖化対策のための税金real estate

環境税(炭素税)について

平成24年度税制改正大綱に盛り込まれ、平成24年10月から施行されます。

「地球温暖化対策のための税」は、税制による地球温暖化対策を強化するとともに、エネルギー起源CO2排出抑制のための諸施策を実施していく観点から導入するものです。
具体的には、原油やガス、石炭といった全化石燃料に対してCO2排出量に応じた税率を課すものです。
税収は、エネルギー起源のCO2削減対策に効果のある、産業・民生・運輸といった広範な分野への対策に活用します。
@家庭用の低炭素機器の普及促進、A未利用熱の面的利用の促進、B温暖化対策投資の推進、などに税収を充てることにより、家庭・企業の温暖化対策を支援し、税負担の軽減と、新たな需要・イノベーションを喚起することを期待しています。
最終的な増税額は、原油・石油製品が1KL当たり760円、LPガス及びLNG(液化天然ガス)が1トン当たり780円、石炭が1トン当たり670円です。

環境税・炭素税

出典 環境省「地球温暖化対策のための税」について(FAQ)


Loading...